So-net無料ブログ作成
たいむましん ブログトップ
前の10件 | -

あれからずいぶん経ちましたが [たいむましん]

こんちは

いつの間にか、ずいぶんと寒くなりました。

暑かった夏も過ぎ、過ごしやすい秋も過ぎ・・・

遥か彼方の出来事のようです。

季節的な物のせいでしょうか、なかなか前向きになれません。
身構えてばかり。

せめて、背中を丸めずに歩きたいです。

ではでは。

 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

定期購読 [たいむましん]

最近、CDを買ってないなぁ・・・って、言うか欲しいCDが無いんですよね・・・

いや違うな・・・欲しいものもあるんだけど、昔の楽曲なんだよなぁ・・・
たとえば、BlueNoteとか・・・(JAZZのレーベルです)
特に好きな、ArtBreakyなど数枚でいいのですが、シリーズで出ていると・・・
コレクターとしては、悩むところですよね。

古い楽曲は、特にこのパターンが多いです。
シリーズで50枚くらいになると、1枚1500円でも7万5000円・・・

チョッとねぇ。

で、特定のプレイヤーだけで済めばいいのですが、そうはいきません。ジャズボーカル、ジャズアレンジなど多彩にあるので、歯止めが利かなくなります。

同様に、気になるジャンルはほかにもあります。
そのひとつが、フォーク・・・
でも、出ているCDは、ベスト版のようなものばかりで、チョッと物足りないんですよね。

そんな中、デアゴスティーニから、今年の初めに「青春のうた」が隔週で出版になりました。’70-’80年代のフォーク、ニューミュージックのCD付き。
今現在、22号出版中・・・毎回6曲なので、132曲ゲット中。
予定では、100号まで・・・なので、600曲。

でもねぇ・・・1冊990円なので、100冊で9万9000円。これってどお?

シングルCDの購入と思えば、CD1枚6曲入りで990円。

うーん。

月当たり、2000円程度の出費なので、小遣いで何とかなっていますが、まともに考えると、ケッコウな出費ですよね。

今の問題は、CDの保管場所。
音楽データは、PCに入れたり、でいいのですが、ケースがね・・・

CDは、昔買った100連装CDプレーヤーがあるので、それに入れる予定ですが、ケースがね・・・ケッコウかさばりますよこれが。
20枚程度で悩むんですから、100枚だと・・・

ではでは。


nice!(2)  コメント(3) 
共通テーマ:音楽

ジェネレーションギャップ [たいむましん]

まぁ、毎度のことなので・・・慣れては来ましたけど・・・

いやいや、一つ前の記事の話ですけど・・・

でも、コメントどーもでした。
70-80年代の話は、内容を吟味しながらにしますね。

で、舌の根も乾かないうちに・・・
和田アキ子さんが、カバーアルバムを出しましたね。
「今日まで、そして明日から」

「冬のソナタ」ではないですよ・・・「最初から、今まで・・・」ではありません。

ジャズやブルース以外で、他人のカバーをすることはあまり無かったのでは、と思います。
しかもジャンルは、フォーク・ロックと幅広く・・・
タイトル通り、吉田拓郎も入っていますね。

私として以外だったのは、泉谷しげる・ブルーハーツの選曲ですかね。

あと、CDを聞いていないので不明なのが・・・
9曲目の「バラとワイン」って、誰の曲?

多分、「Rose&Wine」「酒とバラの日々」だと思うのですが・・・
いろんな人が、こんなタイトルを歌っていると思います。

山下久美子かな・・・

ではでは。


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

運命を信じますか? [たいむましん]

なにやら、意味深なタイトルになってしまいました。
占いのネタではありません。

「運命を信じますか?」

この台詞で、何を想像(思い出)しますか?

私の場合は、山口百恵「湖の決心」です。


で、そんな話ではなく、最近見ているアニメなどで、チョッと引っ掛ったフレーズがあります。

「偶然ではなく、必然なんだ」とか、「偶然なんか無いのよ。あるのは必然だけ。」と、言ったような台詞や歌詞が、ミョーに気になりました。その結果、山口百恵の「湖の決心」に行き着いたわけです・・・

問題のアニメは、NHK教育で再放送している「メジャー」、同じく「ツバサクロニクル」。同じ作者のCLAMPの「×××HOLiC」(BSiでしたが、放送は終了)。
また、「メジャー」の挿入歌を歌っている、ロード・オブ・メジャーの歌詞(タイトルは忘れました・・・)。

すべてのことが、運命に縛られている・・・と、考えてしまうと悲しいものがあります。
何をやっても、神様の掌の上のこと・・・なんてね。

でも、仮にそうだとしても、確認することはできないし・・・
何にも行わなくても、結果がついてくる訳ではないし・・・

やっぱり、選択肢があり、それを選ぶ努力が必要だと思います。

最近、努力しないですよね。
自分を見ていても、そう感じますが、周りが特にそういう雰囲気です。

何でですかね。結果が見えてしまい、それを避けられないとでも思っているのでしょうか?

こんなところに、アニメの影響が出ているのでしょうか?
すべての人が、このアニメを見ているとは思えないので、他の情報源にもあるのでしょうね。

ラジオから流れた、「湖の決心」を聞きながら、チョッと考えてみました。

ではでは。


nice!(3)  コメント(5) 
共通テーマ:日記・雑感

総集編 [たいむましん]

23日に続いて、またまた見てしまいました。

つま恋の話です。念のため。

9時間余りのコンサートが、4時間に収まってしまうのですね・・・
かなり、途中のお話はなくなっていました。
でも、NHKらしい編集で何よりでした。

でも、17時から19時半まで・・・そんなに開けなくても良かったのでは、無いでしょうか。
当日は、相撲中継で2時間中断・・・今回まで、それに合わせなくても・・・

でも、前回の相撲中継は・・・どうでした?

相撲ファンの私としては、難しいところです。
試合の内容も面白かったし・・・

ムッシュとの掛相も見たかったし・・・
とても複雑です。

でもこれで、しばらくは楽しく過ごせそうです。

ではでは。


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

つま恋 [たいむましん]

2006年9月23日(土)に

吉田拓郎&かぐや姫 Concert in つま恋2006

が、ありました。

会場には行けませんでしたが、テレビの前に、9時間座っていました。

昔好きだった音楽が、今でも好きだ。と、しみじみ思いましたね。

好きなことを、ずっと続けていられるのが、こんなにもいいもんだと、改めて思いました。

31年前は、高校入試を控えた中学生でした。

ではでは。

 


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

赤ちょうちん [たいむましん]

このタイトルを聞いて、かぐや姫を思い出す人は、私と同年代?

新聞の、社会保障・生活保護などの記事や、求人に関する記事を見るたびに、この先が不安になる柊太郎です。

やる気があるのか無いのか?

どちらにも言える。雇用側にも求職者にも・・・
ましてや、制度を決めている政治家にも。

自分がそういう境遇になることなど考えてもいない。

せめて自分だけは・・・自分の子供だけは・・・と、思うのみ。

 

赤ちょうちんの一節に、
「雨が続くと仕事もせずに、キャベツばかりをかじってた・・・」
と、ある。

この時代、ホワイトカラーもブルーカラーも、屋根の下で仕事ができた。
でも、屋根の無いところでの仕事しかできない奴もいる。
仕事もせずに・・・やる気が無いのではなく、仕事ができなかったのだ。

今とは違うよな・・・冷暖房完備でも、やる気の無い奴がいるんだから。

金が無くて、まともな食事もできないが、キャベツを食べるくらいはできたんだ。
いま、一年中野菜が高い。金があっても、キャベツは高い。
何が、違ってきたんだろう。

変な時代だ。

何が良くなって、何が悪くなったのか?

 


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

買ってみました。 [たいむましん]

「青春のうた」BEST Collection

この手の企画には、手をつけたくなかったんですが、今の自分を見直すための投資と思って。

 

音楽好きです。

やはり、一番入れ込んでいた’70年代が特に・・・

想い出を話し出すと、自分だけの世界に入りそうでいやなんですが、できるだけかるーく書いてみます。

 

第1号に関しては、おまけにCDがついて、限定価格につられた感じがしますね。

資料の年表なども、有名どころが書かれているので、改めての感じはしません。

個人的にすきなのは、なぎらけんいち、泉谷しげる、二人とも俳優として目にする機会が多いですね。

ガイドコメントにあった、「CD化されていない、あの曲が聞きたい」を期待します。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今日のBGM [たいむましん]

沢田研二さんの「サムライ」・・・だったかな・・・

 

♪片手にピストル、心に花束、唇に火の酒、心に人生を・・・

かっこいいです。

 

この人にしか歌えない曲だと思います。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

今日のBGM [たいむましん]

キャンディーズの「アンドゥトロァ」。

 

一発入力できませんでした。
ちょっと悔しい。

70年代の音楽を聞いていて気付いたこと。

・ベースが、ルート音を中心に、単調なリズムだけを刻んでいるもの
・ベースランと言われる、ビートで走り回るもの

この辺が、混在していて面白いです。

ミューミュージックへの移行期間ですから、当然だと思います。

ところが、この当時売れていた歌手の演奏が単調だったり、こんな娘いたなぁ と言うような(あまり歌の上手くない)アイドル歌手の演奏がやたり凝っていたり、と言った具合です。

キャンディーズの場合は、年代ごとに凝ったものになっていったタイプですね。

特に後半は、バックバンドに「P.P.M.M.M.P.」が付いていましたから。
P.P.M.M.M.P.」は、のちに最強ブラスバンド集団の「スペクトラム」で活躍しましたし・・・

2005/10/16:修正
「P.P.M.」は、「ピーター・ポール&マリー」でした。

私が好きなのは、「危ない土曜日」です。
このイントロには、圧倒されました。

 


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | - たいむましん ブログトップ
メッセージを送る